kz’s blog

興味のあることについて書いていきます。

Spring Boot の REST で Hello World を作る

環境

macOS High Sierra 10.13.5

Eclipse Oxygen.3a Release (4.7.3a)

Eclipse にプラグインをインストールする

ヘルプ > Eclipse マーケットプレースから下記プラグインをインストールします。

Spring ツール(STS)

f:id:kz62:20180814214751p:plain

見つからないときは

  • Eclipse のバージョンを確認してください。
  • Eclipse バージョン 4.7 (Oxygen) 以上でないと検索で見つかりません。

Gradle

f:id:kz62:20180814215027p:plain

プロジェクト作成

新規 > Spring Boot > Spring スターター・プロジェクト

f:id:kz62:20180814215055p:plain

f:id:kz62:20180814215153p:plain

コントローラー作成

src/main/javacom.example.demoパッケージ配下に適当なクラスを作成します。

f:id:kz62:20180814215213p:plain

package com.example.demo;

import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RestController;

@RestController // Rest にするためのアノテーション
public class DemoController {
    @RequestMapping("demo")  // "demo" がアクセスするための URL になる
    public String demo() {
        return "Hello world.";
    }
}

確認

Spring Boot を起動する

プロジェクトのコンテキストメニュー > 実行 > Spring Boot アプリケーション

アクセス

ブラウザで以下の URL を入力します。

http://localhost:8080/demo

Hollo world.と表示されていれば OK です。