kz’s blog

興味のあることについて書いていきます。

忘れがちな Java 構文メモ

よく使用するものを自分用にメモ。

繰り返し系

for 文

// 構文
for (初期化式; 条件式; 変化式) {
}
// 例
String[] values = {"value1", "value2"};
for (int i = 0; i < values.length; i++) {
  System.out.println(values[i]);
}

カウンタ変数を使用したい場合は、通常の for 分を使用する。

拡張 for 文

// 構文
for (コレクションから取り出す値 : コレクション) {
}
// 例
String[] values = {"value1", "value2"};
for (String value : values) {
  System.out.println(value);
}

基本的には拡張 for 文を使用する。

while 文

// 構文
while (条件式) {
}

分岐系

if 文

// 構文
if (条件式) {
} else if (条件式) {
} else {
}

else ifelse は任意で記述する。

else if を記述せず else を記述するのもOK。

switch 文

// 構文
switch (式) {
  case 値:
    break;
  case 値:
    break;
  default:
}
// 例
int number = 2;
switch (number) {
  case 1:
    System.out.println("いち");
    break;
  case 2:
    System.out.println("に");
    break;
  default:
    System.out.println("デフォルト");
}

switch 文が一番忘れやすい。

また、case の終わりに必ずしも break を書く必要はない。例えば以下のように書くこともできる。

// 例
int number = 2;
switch (number) {
  case 1:
  case 2:
    System.out.println("いち or に");
    break;
  default:
    System.out.println("デフォルト");
}

こうすることでnumber = 1number = 2で共通の処理をしたい場合、2か所に同じコードを書かなくてもよくなる。